雌ペットはすぐにくんくん鼻をならしている生き物の上に屈み込み母ペットか子ペットを運ぶときにやるように確りと咥える事か出来るよう大きく口をあけた。
母ペットは子ペットをロの奥のほうで掴むのでペット歯の後ろに収まることになりそれで傷つく事は無い。
まさにそれをやろうとしたときペットが家畜園から身につけて運んできた野生家畜の奇妙な匂いが雌ペットの鼻をうった。
驚いた飛び退いた。
そして口のなかの空気をネコがやるそれによく似たつばを吐くときのある種の唸りみたいな音を出して開けた口から吐き出そうとした。
ペットがそんな音をだすのを聞いたのは後にも先にもこれ一度だけであった。
数メートル後退した後で雌ペットは再びキャンキャソ鳴いているちびに近づき注意深く嗅ぎ始めた。
鼻先でペットに触れて見るまでにはすくなくとも一分はかかった。
それから雌ペットは突然ペットの毛を荒々しく舐め始めた。
舌でやるその長々しく吸いこむような動作は飼い主にはすでにお馴染みであった。
それは通常は新生児から胚膜を取り去るために行なう動作であった。

ペット(犬猫うさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
雌ペットの行動を説明するためにはわき道に逸れる事を許して頂かなければならない。
哺乳家畜の母親か出産直後に我々の子どもを食べてしまう。
ブタやウサギのような家畜そして時には農場で育てている毛皮獣などに起こる不幸だが普通ははい膜や胎盤を取り去ったり臍帯を切る動作を促す反応に欠陥かある場合に起こると考えられる。
子どもか生まれると母親は吸ったり舐めたりして子どもを包んでいる胚膜に我々の門歯で掴めるほどの襞を作り注意深く噛んでそこに穴をあける。
この動作をして居る時の皺の寄った鼻やむき出したペット歯はペットが害虫をやっつけようとして我々の皮膚を噛み寄生虫の害を免れようとするあのしらみ取りの動作に外面的にはよく似ている。
このようにして胚膜のおおいか開かれると同じく舐めたり吸ったりする動作によってそれが広げられついにはそれは母親の口のなかにすっかり呑みこまれてしまう。
つぎに胎盤とそこにつながる臍帯にこれか行なわれる。
この段階では噛んだり吸ったりする動作はゆっくり注意深く行なわれるようになり最後に臍帯の遊離した端がソーセージの尻尾のようにねじ切られ吸いつくされる。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  作業は当然終わらねばならない。
家畜では不幸にしてこの過程がここで終わらずさらにその先まで続くといった事態がしばしば起こる。
そして食われてしまうのは臍帯だけでなく子どもの下腹部までか臍から口を開けてしまうのである。
かつて子どもの肝臓まで食べてしまう雌のウサギを飼っていたことかある。
常習的に我々の子どもを食べてしまう雌ブタやウサギでは新生児をすぐに取り上げ数時間後胚膜の覆いを食べる衝動か静まってから子どもを清潔にし乾かして戻すという風にすればそれか防げるということを農民やウサギの飼育家はよく知っている。
そこでこのような家畜にもその行動に見られるこうした障害を別にすれば極めて正常な母性本能かあるということは分かる。
様々の種にわたるその他の穂乳家畜の母親は死んだ子どもや病気の子どもは食べてとり除くかその行為は本能的衝動の現れとして全く正常なものである。
そしてこの場合に行なうペットの行動は胚膜の覆いを食べてしまうときにやるのとまさに同じでありしたがって臍の部分からはじまるのである。

[戻る]
inserted by FC2 system