o
あげは猫のマスティフ


拡大写真へ
ジュリアス・シーザーの時代には、マスティフは軍用犬や闘犬として使われていました。
さらに中世では、番犬や猟犬として使われました。

別の断片には・簑にたいして慕ぎ使・てウシを鋤につ寒くわし努法が指示さ沌貸いる・ハンムラビ雲紀董七・・話後のバ・ニア王]の時代から、このシュメ人の『農の匿は、鋤を用いる耕作には・この華のため特別に訓練した雄ウシだけを惇つことをすすめている。
このことは・動物にたいしてある種の使役の区分けが、すでにできあがっていたことをものがたる・ウシを使・て農耕する・こんにちの襞は、〒フラテス川やチグリス川沿岸の簑と同じ考えかたをも・ている・すべての雄ウシ、あるいはすべての雌ウシは、鋤を引いたり荷車を引っぱったりするのに、同じようにすぐれてはいないということである。
簑竺組の雄ウシを使・て土碧耕しているエジプトと近東の絵や、北イタリアのがけに刻まれた雄ウシが荷車を引いている絵は、紀元前三〇〇〇ー二〇〇〇年代のほぼ 同時代のものである。
このことは、鋤と荷車の発明が動物の家畜化と同じように、すみやかに世界中へ広まったことを暗示している。
もちろん、これら、人間の新しい業績は、別の地域や異なった大陸で、それぞれ独立して工夫され実行されたと考えられる。
げれども、一つの明白な事実がある。
家畜を所有しているすべての種族は、自分たちが必要とするよりも多くの動物を飼っていたので、「輸出」業にのりだすことができたか、かれらの動物の群れに新しい血を入れるため、他入の動物と交換を希望したかのいずれかの理由で、若い動物の取り引きをおこなったということである。
こうして、知識と経験の交換がおこなわれ.動物による耕作の分野に大きな進歩をもたらしたにちがいない。

お好み TOPへ戻る > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system