あげは猫の日本スピッツ


拡大写真へ
日本原産の日本スピッツは、白い毛並みが特徴の小型犬です。
モンゴルまたは満州から移入されたサモエドに、ドイツのジャーマン・スピッツを交配して小さく改良し、純白に固定化したものといいます。
スピッツは番犬にうってつけの小型犬として爆発的に流行し最盛期には、日本で登録された犬の4割を占めたほどの人気犬種だったのです。
昔はうるさい犬の代名詞のように言われたスピッツですが、むだ吠えの多さは血統ではなく、子犬の頃のしつけの仕方によって大きく左右されます。
「今のスピッツは静か」と言うわけではありません。
今は、ミニチュア・ダックスの方がうるさいですか?
屋外、室内での運動を日課にして、エネルギーが有り余っているような状態にしないことが大切です。
全体のバランスのよさが、この犬独特の上品さと優雅な雰囲気を醸しだしています。
体の大きさも小型犬と中型犬の間ぐらいで、飼い主にとっては制御しやすくて物足りなさを感じることもなく、一番いいぐらいじゃないかと思われます。
毛色が純白で非常に美しいふさふさと豊かな被毛はダブルコートで、上毛はまっすぐで体から立つように生え、首まわりや胸部、尾ではとくに豊富です。
最近では再び人気犬種となりつつあります。
毛は長いが比較的もつれにくく、その点では手入れもしやすいです。
ただしその白さを保つために、被毛の汚れには注意して下さい。
とくに顔は汚れやすいので気を配るようにし、定期的なシャンプーやブラッシング、コーミングが必要です。
汚れが目立ったら、すぐ拭くか洗えばいいが、毛をいためないように注意します。
特に換毛期には、抜け毛が多い種類なので、念入りに死毛を取り除きます。
春先からの念入りなブラッシングが、換毛をスムーズにする。
エッジのあるコートキングやファーミネーターでなく、ピロコームが被毛を傷めず奥から抜け毛を取り除けるので良いでしょう。
屋外飼育も可能ですが、常にスキンシップのはかれる室内環境で飼育するほうが理想的です。

こんにち、多くの国の博物館に保存されているくさび形文字の刻板には無数の商取り引きのことが記録されており、そのほとんどは動物にかんするものである。
これらの刻板のほとんどは、まだ解読されていない。
けれども、領収書や請求書、ウシや穀物の出荷記録簿などは、古代詩や政治的条約よりも、はるかに多いことはあきらかである。
古代の人びとは、飼い馴らされた雄ウシを高く評価して、それらに特別な記号をつけたが、それがこんにちのアルファベットに残っている。
ユーフラテス川の河畔のアッカド市の住人で、メソポタミアまで散らばったアッカド人は、かれらのアルファベットの最初の文字を雄ウシ..餌針匡、.[アダド]の名前にちなんでAと呼称した。
その他の種族もこれをまねて、ヘブライでは牛飼いのアビラマ(アブラハム)の言葉で雄ウシのことを..邑F曾、.[アレ7]といい、同様にAの文字ではじまる名称をつけたのである。

お好み TOPへ戻る > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system