p
あげは猫のグレーハウンド


拡大写真へ
ドッグレースで活躍しスパート時では100キロにも達する犬種中最速の犬です。
きゃしゃな体格なのに、飛んだり跳ねたりとても元気です。
骨折などの大ケガをする仲間がとても多いようです。
高い所からは飛び下りさせない、自動車で移動する時にはケージにいれておく、自由運動させる時には、飛び越えられないような囲いを用意する、ということを徹底してください。
エジプト原産で毛が短くて薄いから寒さは苦手なので必ず室内で寝かせてください。
ユダヤ人のウシ 古代の歴史を通じて、家畜は入気のある戦利品であったという記録が残っている。
アッカド人とシュメール入は、インダス川の谷間のウシ飼育業者たちが経験したと同じように、しばしば外国人征服者のために白分たちのウシの群れを放棄しなければならなかった。
アーリア人の遊牧民が北方からインダス川のほうへ侵入して、当時すでに文明の発達していたいくつもの古代都市を破壊したとき、かれらは家畜の群れだけを殺さずに、次の移住地へいっしょに連れて エジプト人もまた、かれらが征服した近東の諸地方からウシの大 群を獲得した。
「古代世界のプロシア人」といわれるアッシリア人が、エジプト入をメソポタミアから追放したのち、かれらは戦いに負けた隣入たちをまったく同様な方法であつかった。
かれらは被征服者のウシの群れを没収し、都市を破壊し、そして人口の大部分を殺害したのである。
敗者は動物たちをアッシリアに連れてこなければならなかった。
そこで動物たちはあたらしい所有者に保護された。
エジプトに移住し、ナイル川の三角州地帯の肥沃な東部に定住したユダヤ入は、四三〇年間に人口がいちじるしく増加した。
かれらは、家畜の大群を所有していた。
たぶんエジプト人は、これらの「外国人」がファラオ室ジプト王]に支払う税金だけではけっして満足しなかったことであろう。
エジプト入の人口もまた増加したので、かれらはユダヤ入の豊かな家畜の群れをほしがった。
その結果は、ユダヤの人ぴとの出国につながるのである。
「さて、ユダヤの人々はラメセスを出立してスコテに向かった。
女と子供を除いて徒歩の男子は約六十万人であった。
また多くの入り混じった群衆および羊、牛など非常に多くの家畜も彼らと共に上った」(『旧約聖書』「出エジプト記」一二章三七ー三八節) かれらの家蓄の群れは他国の牧草地で草を食まなければならなかったので、まず最初にアマレク入[シリアの略奪的遊牧種族]との衝突がおこった。

お好み TOPへ戻る > 戻る
犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Philocomb   日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system